遺品の着物の処分の仕方

遺品の着物の処分の仕方

遺品となった着物を処分するときに一番いい方法は、誰かがそれを譲り受けて着ることです。
着物は着てこそ意味のあるものであり、誰かが着てくれるのであればそれは故人にとっても最も喜ばしいことだといえます。
親族の中で着物を着る人がいれば、その人にもらってもらうことで一番いい形で着物の整理をつけることができます。

 

しかし、問題となるのは近年は着物を着る人の数というのは非常に少なくなっていますから、誰も欲しがらないというケースは少なくありません。
そのような場合、捨てるに捨てることができずに困ってしまうこともあるでしょうが引き取り手がない場合には、買取に出してしまうというのも一つの手になります。
着ないで眠らせておくのは勿体無いものですし、それならば売ってしまったほうが遺族としてもいくらかのお金になるのでメリットが有ります。
遺品を売ってしまうことに対して抵抗を持つこともあるでしょうが、故人からすれば誰も使わないのであれば使ってくれる人のもとに渡る買取に悪い気を起こすことはありませんし、遺族のもとにお金が渡るというのであれば喜ばしいと感じるものです。
そのため、あまり感情のことは気にせずに処分に困っているのであれば売ってしまうのも検討に入れてみると良いでしょう。